FAQ

お客様から多く頂くご質問をまとめました。お問い合わせいただく前に是非ご覧ください。

壊れていても買取ってもらえますか?

壊れている機器についてもお買取させて頂きます。壊れていても、動作確認・データ消去を実施し、

ジャンク品や部品として再利用させて頂きます。

このページの上部へ

古い機器でも買取ってもらえますか?
古い機器についてもお買取させて頂きます。動作確認・データ消去を実施し再利用させて頂きます。

このページの上部へ

ハードディスクが壊れていてもデータ消去をしてもらえますか?

壊れているハードディスクはソフトによるデータ消去はできません。

当社では、再度動作確認を実施した上で、破砕機による物理的破砕を行います。

破砕機での物理破壊ではデータの再現はできません。

従いまして情報漏えいなどのトラブルもございませんのでご安心ください。

このページの上部へ

引取の際にデータ漏洩の心配はありませんか?

ご安心ください。当社埼玉事業所のリユースセンターは、国際認証のISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)

の認証を受けております。また、入庫口はICカード認証による入室管理を行っており、

施設内は監視カメラでの24時間監視を行っておりますので関係者以外の立入りができません。

このページの上部へ

パソコン以外の機器の引取はできますか?

当社ではあらゆるOA機器のお引取りをさせて頂いております。

詳しくは、こちらをご覧ください。記載のない機器に関しましてもお気軽にご相談ください。

このページの上部へ

何台から引き取りに来てもらえますか?

運送コストにおきましてお客様の負担が増えてしまうため、機器類全てを合わせて10台以上にてお願いをしております。

もちろん少数でのお引取りも対応いたしますが、お客様ご負担でご郵送させていただいております。

このページの上部へ

リースやレンタルしている機器も買取はできますか?
所有権がリース・レンタル契約をされた企業様から、お客様へ譲渡されている場合の お引取りは可能です。

このページの上部へ

リサイクルとリユースはどう違うのですか?

まず、言葉の意味としては、

リユース : 再使用すること。また、そのもの。容器などにいう。

リサイクル : 資源の節約や環境汚染の防止のために、不用品や廃物を再生して利用すること。(大辞林より)

つまり、リユースは、不用品などを形を変えずに繰り返し使用すること。

リサイクルは、不用品などを資源として再利用することとなります。

当社のRe-Valueサービスにおきましては、リユースを推奨しております。

万が一動作確認でエラーがでてしまっても、“部品”として分解し、リユースしております。

リサイクルの対象となる商品は、OA家具などデータを保有していないものに限定しておりますので、

情報漏えいの心配もございませんのでご安心ください。

このページの上部へ

廃棄処理をしているのですが、リユースするメリットは何ですか?

まず、情報漏えいの問題がございます。データ消去をせずに廃棄処理をしてしまいますと、

最終処理までの間に情報漏えいとなる可能性がございます。次に、環境への貢献度が挙げられます。

当社が正会員として所属しているRITEA(一般社団法人 中古情報機器協会)は、

リユースによるCo2の排出削減を下記のように算出しております。

このページの上部へ

  平成18年度
合計販売台数
(RIETA会員企業31社)
単位:千台
1台あたり
Co2排出削減効果値
(単位:kg-Co2/台)
合計Co2排出削減効果量
(単位:t-Co2)
ノート型パソコン 578 79.919 46,193
卓上型パソコン 648 119.764 77,607
ワークステーション 4 119.728 478
サーバ 16 179.606 2,873
液晶ディスプレイ装置 360 54.916 19,770
CRTディスプレイ装置 202 49.804 10,060
合計 1,808 - 156,982

地球環境を保護するだけでなく、御社のCSR活動としてのアピールにもつながりますので、

是非当社Re-Valueサービスをご利用ください。

信頼のリサイクルサービス「Re-Valueサービス」